スマホとタブレット

モバイルと聞くと、携帯電話のイメージが強いですが、 モバイルにはそのほかにも持ち運びがしやすい、携帯できる、動きやすい といった意味もあり、 実際にスマホの他にタブレット端末やパソコンなども モバイル機器と呼ばれることがあります。
スマートフォンの他、タブレット端末、モバイルPCなど 様々なモバイル機器があるわけですが、 その中でもスマートフォンとタブレット端末の違いって、 皆さん分かりますでしょうか。
ぱっと見た感じの違いは、画面の大きさ程度しか 分からないかもしれませんね。
実際に、タッチパネルの操作であることや 同じような形状をしていることなど、共通する部分も 多いこの二つの端末。
最大の特徴は電話が掛けられるかかけられないかの違いですね。
タブレット端末の中にも電話が掛けられるものは ないことはないそうですが、殆どの端末は電話の機能は付いていません。
大きさの面では、スマホの中にも6インチ以上あるものが 登場してきていますが、その一方でタブレットも10インチのものが 人気を集めていますので、一定の区別はできているようです。
画面が大きいとやっぱり動画などは見やすいですからね。
日本ではまだなじみは少ないですが、将来的には当たり前のように タブレット端末で映画などをダウンロードしてみるように なるのかもしれません。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) モバイル端末について All Rights Reserved.